top of page

ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。私、﨑秀五郎は、三味線演奏家として、今年も皆様に音楽の素晴らしさを伝えていきたいと思います。昨年は多くの人々が新たな挑戦をした一年であり、私自身も伝統楽器である三味線を通して新しい音楽の形を模索しました。


辰年にちなみ、三味線の演奏においても「龍」のように力強く、そして時には優雅に舞う姿をイメージし、音楽に表現を加えたいと考えています。辰年は龍の年とされ、日本の伝統文化において龍は力と知恵の象徴とされています。三味線の音色にこれらの要素を反映させることで、更に深みのある演奏を目指します。


この一年も、伝統と革新が融合する音楽の世界で、皆様と共に新たな歩みを進めていければ幸いです。どうぞ本年も、﨑秀五郎の音楽活動をよろしくお願いいたします。

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

芸を磨く

「芸を磨く」という道のりは、一人で孤独に歩むものではありません。 ひたすらに自分の技術を高めるための練習はもちろん重要ですが、それだけが全てではありません。 他人の演奏や異なるジャンルの音楽に耳を傾けることも、同じくらい大切です。 他人の演奏を聞くことで、技術や表現の幅を広げるきっかけが得られることがあります。 自分では思いつかないようなアプローチやニュアンスを見つけることができます。 また、異な

7月1日

7月1日、一年の後半の始まりです。 この節目にあたり、最近、クーラーの冷気で喉を壊すお弟子さんが急増しています。 喉は芸事にとって命といえる大切なもの、守りたいですね。 特効薬があればいいのですが、古くからの知恵を参考にしながら、日々のケアを大切にしてください。 さて、この思いから、端唄「お互いに」の話をいたします。 端唄「お互いに」 お互いに 知れぬが花よ 世間の人に しれりゃ互いの 身のつまり

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page