top of page

早くも11月ですね。

今年も残りわずかとなりました。


古来、我々の芸事の世界には、「暦の上(かみ)では12月、下(しも)では1月」という伝統があります。この言葉は、古い太陰暦の流れと芸事の実際の繁忙期、門下の昇進や名跡の継承の習慣などから生まれたものです。


以下は、この伝統の背景を説明します

1. 古来の暦の流れ:古くは、日本の暦は太陰暦(月の動きに基づく暦)を使用していました。この暦では、1年の始まりが現在の2月頃となります。そのため、元日より前の12月が「暦の上」、元日を迎えた後の1月が「暦の下」となりました。


2. 芸事の流れと繁忙期:芸能の世界では、新年に向けての準備や年末の公演などが盛んになるため、年の締めとして12月を位置づけるのが自然となりました。これにより、年明けとともに新しい気持ちで芸事に取り組むことができるとされています。


3. 門下生の昇進:歌舞伎や落語などの伝統芸能では、門下生の昇進や名跡の継承などの重要な事柄が年末に発表されることが多いです。これも12月を年の切り替えとする伝統に影響しています。


このように、歴史的背景や芸事の実際の流れに基づいて、芸能の世界では12月を新年の始まりとする伝統が形成されてきました。


この伝統を受け継ぎ、月謝袋も12月での切り替えとなるのは花柳界くらいでしょうね。

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

嗜む 京橋にて

「嗜む」 この度、私にとっても、皆様にとっても特別な機会となるでしょうイベントへの出演が決定いたしました。このイベントは、東京、京橋駅にあります「京橋エドグランオフィスラウンジ」で行われ、芸術と文化の素晴らしさを再発見する機会を提供しています。 このイベントは、芸術家、文化人、そして多様な分野の専門家が一堂に会し、その才能と情熱を分かち合う場です。私もその一人として、特別なパフォーマンスを披露させ

ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。私、﨑秀五郎は、三味線演奏家として、今年も皆様に音楽の素晴らしさを伝えていきたいと思います。昨年は多くの人々が新たな挑戦をした一年であり、私自身も伝統楽器である三味線を通して新しい音楽の形を模索しました。 辰年にちなみ、三味線の演奏においても「龍」のように力強く、そして時には優雅に舞う姿をイメージし、音楽に表現を加えたいと考えています。辰年は龍の年とされ、日本の

三味線音楽のリズム感:テンポの揺れと間合いの美

三味線音楽において、リズム感とは単にテンポを厳格に維持する技術だけを指すものではありません。 むしろ、その響きやメロディ、そして伝統の中に息づく独特のフレージングの間合いが、このリズム感の核心となるのです。 テンポの揺れや変動があるからこそ、三味線の演奏は生命感に満ち、感情の移ろいをリアルに伝えることができます。 一貫したテンポで演奏することも技術的には価値がありますが、それだけが三味線音楽の魅力

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page