top of page

大阪に端唄の稽古場を作りたい

江戸と上方は音楽の作りが異なりますが、上方唄から江戸端唄になった唄は少なくありません。

私はなにか関西に憧れているところがあります。

関西に稽古場を持ち、上方の文化を勉強しながら端唄活かしていけたらいいな。


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

芸を磨く

「芸を磨く」という道のりは、一人で孤独に歩むものではありません。 ひたすらに自分の技術を高めるための練習はもちろん重要ですが、それだけが全てではありません。 他人の演奏や異なるジャンルの音楽に耳を傾けることも、同じくらい大切です。 他人の演奏を聞くことで、技術や表現の幅を広げるきっかけが得られることがあります。 自分では思いつかないようなアプローチやニュアンスを見つけることができます。 また、異な

7月1日

7月1日、一年の後半の始まりです。 この節目にあたり、最近、クーラーの冷気で喉を壊すお弟子さんが急増しています。 喉は芸事にとって命といえる大切なもの、守りたいですね。 特効薬があればいいのですが、古くからの知恵を参考にしながら、日々のケアを大切にしてください。 さて、この思いから、端唄「お互いに」の話をいたします。 端唄「お互いに」 お互いに 知れぬが花よ 世間の人に しれりゃ互いの 身のつまり

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page