top of page

嗜む 京橋にて

「嗜む」


この度、私にとっても、皆様にとっても特別な機会となるでしょうイベントへの出演が決定いたしました。このイベントは、東京、京橋駅にあります「京橋エドグランオフィスラウンジ」で行われ、芸術と文化の素晴らしさを再発見する機会を提供しています。

このイベントは、芸術家、文化人、そして多様な分野の専門家が一堂に会し、その才能と情熱を分かち合う場です。私もその一人として、特別なパフォーマンスを披露させていただく予定です。

生のパフォーマンスを通じて皆様にお届けできることを大変嬉しく思います。


このイベントは、ただのエンターテイメントではありません。それは、文化と芸術がどのようにして私たちの日常生活に深く根ざし、私たち自身とこの世界を理解する手助けをしてくれるかを示す機会でもあります。私たちは、表現の力を通じて、新たな視点を得ることができます。そして、このイベントはまさに、その力を体験し、共有するための場所です。

皆様にお会いできることを心から楽しみにしております。この特別な日に、私たちの旅に同行していただければ幸いです。詳細情報、チケットのご予約、そしてイベントに関するその他の情報は、イベントの公式ウェブサイトこちらからご確認いただけます。

芸術と文化の祭典で、皆様と共に素晴らしい時間を過ごせることを願っています。皆様のご参加、心よりお待ちしております。


心を込めて、

﨑秀五郎

閲覧数:104回0件のコメント

最新記事

すべて表示

6月21日 夏至に寄せて

夏至の頃、日が長く、夜が短くなるこの時期は、自然のエネルギーが満ち溢れる季節です。 日本の伝統文化においても、この時期を感じながら過ごすことが大切にされてきました。 三味線の音色は、響くその一音一音に込められた自然の移ろいを感じます。 特に端唄における演奏は、四季の変化や自然の美しさを表現する手段として重要な役割を果たしています。 夏至の日に思い起こされる端唄「川風」や「夏の暑さ」「えんかいな」「

もうすぐ七夕

今日は七夕についてお話しします。 七夕は、古くから伝わる日本の伝統行事で、毎年7月7日に行われます。七夕という字は、七つの夕べと書きますが、これは7月7日の夜に行われることから名付けられました。 「タナバタ」という読み方は、古代の日本の習慣に由来しています。昔、棚機(たなばた)という機織りの儀式があり、巫女が神様に捧げる布を織るために棚機(たなばた)と呼ばれる織機を使いました。この儀式が七夕と結び

江戸時代の「粋」と「意気」の違い

端唄「川風」という唄がある。 とても文学的意義のある作品です。 また音楽的にも非常に発達していると私は思います。 (歌詞) 川風につい誘われて涼み船 文句もいつか口舌して 粋な簾の風の音に 漏れて聞こゆる忍び駒(爪弾きの) 意気な世界に照る月の 中を流るる隅田川 歌詞に「粋」と「意気」の文字があります。 江戸時代の文化や価値観を理解する上で、「粋(すい)」と「意気(いき)」という言葉は非常に重要な

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page